フリーランスになるには?開業届&青色申告承認申請書の提出方法

kaigyou2

個人事業主になろう

フリーランスになる人は「個人事業主」としてちゃんと手続きをしましょう

個人事業主になるには「開業届」を提出しなければなりません。

※実際フリーランスは、開業届を出さなくても問題ないですが、納税は必ずしましょう。義務なので。

個人事業主になるメリット

青色申告ができる

最大のメリットとしては、青色申告ができることです。
青色申告=最高65万円の特別控除ががつけられます。

わかりやすく言えば、所得金額からこの65万円を引くことができるので、所得金額を低くすることができ、結果的に税金が安くなります

信頼度が増す

個人事業主になると、「開業届」を税務署に提出し、事業主として登録されます。

法人ではないので「株式会社」などは付きませんが、「屋号」という事業用の名前を付けることができます

屋号が付くと、一気に会社っぽくなって、仕事もしやすくなります。

事業用口座が作れる

銀行口座を作る時も、個人事業主なら個人事業用口座が開設できます
私は『楽天銀行の個人ビジネス口座』を利用しています。

他にも、ビジネスカードが作れたり、融資が受けられることもあるそうですよ。
(融資を受けたことはないですが)

関係ない話ですが、私は現在個人事業主ですが、いずれ法人化も視野に入れています。
売り上げがある程度安定し、法人の方がメリットが出て、尚且つ誰かを雇用するまでになれば…と思っていますが、今のところ一人がラク過ぎるので個人事業主でいいかなと。

その他

青色申告になると、メリットは他にもたくさんありますが、書き出すときりがないのでここは割愛します。

さらっと頭に入れておく程度でいいかな。

  • 配偶者など、家族に給与が支払える→経費にできます。
  • 赤字が出たときも翌年に繰り越せる

などでしょうか。

個人事業主になるデメリット

確定申告時が面倒

個人事業主には、「白色申告」と「青色申告」があるのですが、簡単に言えば「白色申告」は簡単にできて、「青色申告」はちょっと複雑です。

「青色申告」は確定申告時に提出する書類が多いのと、計算がややこしい点がデメリットとして挙げられます。

多くのフリーランスの方は「やよいの青色申告オンライン」「Freee(フリー)」といたクラウド会計ソフトを使用しています。

これがないと私は無理です(笑)ちなみに私は「やよいの青色申告オンライン」です。

やよいの青色申告オンライン・・・初年度は無料です。

クラウド会計ソフトフリー・・・こちらも人気です。

これがあれば、簡単に確定申告時も簡単に、自動で申告書類を作成してくれるので、大変助かります。私の周りWebデザイナー・グラフィックデザイナー・イラストレーターなどの同業者の方もどちらかを使用していると聞きました。

どちらを選ぶかは、好みですね。

私、実は経理の経験も一応あるのですが、自分でやるとわからないことがあると調べたりと時間がかかるので、時間がもったいなくて・・・。
その分、好きなデザインの仕事に時間を使いたいので利用させていただいています。

これがあれば、デメリットは大したことないです。

関連記事

フリーランスになったら必須となる、確定申告のために、事前に知っておいた方がいいお話を今からさせていただきます。これからフリーランスを目指す方は、ぜひ知っていてほしい「オンライン会計ソフト」のお話です。自分で確定申告書類を作成でき[…]

kakuteishinkoku2

失業保険が受けられない

基本的に、個人事業主は対象外になります。

私の中では、全くデメリットではないですが。関係のある方はご注意を。

早速、開業届を提出しましょう

上記、個人事業主についてのある程度の知識を踏まえて、理解したうえで「開業届」を提出しましょう。

提出先は、お住まいのご住所の管轄する「税務署」になります。

書類は国税庁のホームページからダウンロードして、記入し、持って行ってもいいですし、直接税務署に行って書類をもらって書いて提出してもいいです。

私は、事前にダウンロードして、予め内容を確認しておいてから、直接行って教えてもらいながら書きました。(これが一番いいです)

難しいものではありません。

事前に準備しておくのは、以下などです。(その他項目は、ダウンロードして確認してください)

国税庁:個人事業の開業届出・廃業届出等手続

  • 屋号(お好きなものを決めておきましょう)
  • 開業日(いつでもいいです、決意した日です。キリがいい日が覚えやすいです。)
  • 登録住所(ほとんどの方はご自宅かな?)

事務所がある方は事務所でもいいですが、移転する可能性がある方は、変更届しなくていいのでご自宅の方が楽です。
私も事務所ありますが、そうしています。
確か、事務所を記載する欄があったと思います。

提出時、絶対!忘れず控えを受け取ってください。
控えにも必ず受付印をもらってくださいね!!(重要)

後々、必要なことが出てくるので、大切に保管してください。

青色申告承認申請書も同時に提出しましょう

「開業届」を提出するときに、同時に「青色申告承認申請書」も提出してしまいましょう。

こちらも、「開業届」同様、国税庁のホームページからダウンロード可能ですので、ご自宅で記入して持って行ってもOKですし、税務署で聞きながら書いてもOKです。

国税庁:所得税の青色申告承認申請手続

私はこちらも、予め内容を確認しておいてから、直接行って教えてもらいながら書きました。

税務署の繁忙期(確定申告時期付近)を避ければ、わりと手が空いているのか、親切丁寧に教えていただけます。
忙しい時期は、難しいかな・・・そりゃそうですよね。

こちらも難しいものではないので、大丈夫だと思います。

予め、税務署に電話して、何を持って行けばいいか聞いてから行くと、無駄足になることがないのでおすすめです。

フリーランスを目指す方々の参考になればと思い、書かせていただきました!(備忘録兼ねてます)

「フリーランスになる!」

「個人事業主になる!」

と決めた方は、早速、税務署へ「開業届」「青色申告承認申請書」を提出してください!

※提出した年度から、確定申告が必要になります。
1月~12月までの1年分の所得を、翌年2月頃に確定申告・青色申告する感じです。
まだ自分の会社のホームページが出来ていなかったり、準備に時間がかかりそうであれば、それが終わってからがおすすめです。提出・受理はすぐにできますので。

 

らる
にしても、面倒くさそうだなーって方に朗報です。

無料でカンタンに開業書類を作成できるサービスが存在する!

この記事を書いた後に知りましたが、『開業freee(フリー)』という便利なサービスもあるようです。
個人事業主として起業する際の届け出に必要な、面倒な開業書類を、無料でカンタンに作成できるオンラインサービスだそうですよ。

 

うまみ
無料って!!こんなのあるならはじめに言ってよー!
らる
私も、最近知ったんだよー!もっと早くに出会いたかった。

一応私が開業届&青色申告承認申請書を提出した時(5年前)の情報を元にしているので、実際に開業する際は、国税庁のサイトを確認したり、税務署に確認したりしてみてくださいね!

以上、フリーランスになるために、開業届&青色申告承認申請書の提出方法でした。